こだわりの輸入注文住宅

私たち夫婦は今から20年以上前に、輸入注文住宅を購入しました。

その当時は、まだ輸入住宅が出始めたばかりの頃だったと記憶しています。

住宅購入を悩んでいた頃、新聞やテレビでは輸入住宅の特集が組まれたりしていました。

私たちはその当時、まだ20代だったので何も分からず全てが手探り状態でした。

私たち夫婦はたくさんのモデル住宅を見て、色々なハウスメーカーを検討しました。

その中でも、営業の方の印象と私たちの理想が一番近いハウスメーカを選んだのです。

その住宅はアメリカン住宅でした。アーリーアメリカンの時代を感じさせるカルチャードストーンという石が玄関周りに貼られたものに強い憧れを感じました。

この他にも、洋画に出てくるような寛ぎスペースである屋根付きの玄関ポーチや、ビルトインガレージにも憧れを抱きましたが、全ての要望を叶えると金額がかなり上がってしまうため、有る程度は妥協しつつ、どうしても譲れないところだけを家づくりに取り入れていきました。

広い玄関ポーチに代わって提案されたのが「ウッドデッキ」でした。これなら、家の横に外付けできるので費用を抑える事が出来ます。

主人の一番の憧れは「吹き抜けのあるリビング」でした。

でも、吹き抜けにすると、二階の部屋が1つ減ってしまいます。

それでも、リビングは最高の寛ぎスペースにしたいと考え、吹き抜けのリビングも実現させました。

輸入住宅では、「上げ下げ式の窓」や「腰壁」に憧れる人が多いようです。

私たちは、その当時、この二つにはこだわりはありませんでしたが、ハウスメーカーの方がこのような家づくりをしてくれたことは、今となって感謝しています。

また、北海道の寒さに耐えることができる窓は、スイス製の窓です。キッチンはカナダの木製で海外仕様のせいか高さは少し高めです。

床は無垢材なので、冬でも暖かく過ごすことができます。海外では靴を履いて生活していますが、無垢材の床はそれだけ丈夫なものだからなのです。