バリアフリーの家をプチリフォーム

今、私の住んでいる家は建売住宅の建築の状態を、その都度、建築経過を見せるといった形のにインターネットにて見つけたものでした。

何が一番気にいったかといえば、以前に住まいしていた純日本風の段差ありすぎの家とは違い、バリアフリーになっている所や風呂・トイレ・階段などに手すりがついてたり収納が大きくとってあるところが気に入り建築中の段階で購入しました。

いずれ、老後夫婦ふたりで住もうと思った10年前の時は、それだけで充分だったのですが、新しい家に入居する前から体調の不調を感じるようになってきてました。

まだ、その時点では家をリフォームしたくなる時がくるとは考えてもいませんでした。キッチンも椅子に座りながら作業できますし、これ以上のものは必要ないと思ってました。

それとは別に、家の外壁の塗装・建物設備の修繕・電化製品の買い替えなどの事は10年単位を目安として考えていただけでした。10年の間に子供たちも成長し、結婚をして家を持つなど随分と生活や環境の変化がありました。私の方も体の不調が何の病気であるのかわかり病気と前向きにむきあえるようになりました。

ですが、夕方以降ともなると1階から2階へいくこともできなかったり2階から立ち上がることもできずに降りてこれなくなったこともあり、私の寝室は2階から1階の和室へと変わりました。

和室に介護補助具のついたベットなので、場所が今までより広く使うのでベッドから降りても歩くところが確保しにくいのと、狭さゆえに掃除しにくいこともあり、部屋を和室(押入れ含む)から洋室へとリフォームしようかと思案中です。

どれが正解とはいえないけれど、その都度、生活の変化に伴いプチリフォームができればいいと思ってます。

すぐには、できることではないのでまずは手始めに床にカーペット式のフローリング素材のものを引き詰めて対処しようと思います。