終の住処、リフォームが必要になりました。

15年前に購入した3DK、約60㎡のマンション、中古で購入したのですが前所有者がリフォームしてくれていたので、購入時は結構きれいなマンションと思っていたのですが、最近あちこちにほころびが出て来て購入時の面影が無くなりました。

この間色々な出来事があり、一時期はこのマンションをリースバックで一旦手放していた時期もありました。結局6年後には買い戻すことができたため、この物件にはとても愛着を持っています。

さて話を戻して、リフォーム案について。

まず玄関、ドアの光沢が無くなって見た目が実に貧相に見えます。お客さんが滅多に来ないというよりは宅配業者などの配達以外は来ないので、他人に見られる機会はほとんどないのですが出入りする自分自身の気がめいっちゃいます。

2番目玄関の中、靴箱の扉の蝶番が1個外れかけているので扉が傾いてしっかりはまっていません。修理する必要あるだろう、誰かの声が聞こえます。

3番目洗面所の洗面台と洗濯機置場の汚れ、浴室は5年前に簡単なリフォームをしたのでそこそこいけているのですが、洗面台と洗濯機置場はそのまま、色あせが目だっています。

4番目台所の流しの壁、シンクは毎日丁寧に拭くことを心がけていたのと、ガスコンロ、換気扇は最近新しいものに交換したのでそれはいいのですが、流し、ガスコンロ前の壁に汚れが目立って来ました。光沢のあるタイル張りなのでここも手入れを心がけたつもりですが、水はね、油汚れなどが段々と積み重なって、中々日頃の手入れだけでは汚れが落ちにくくなって来ました。

5番目自分の居室、6畳和室、畳が傷んで来ました。それに壁クロスの色あせが目だってきました。ほとんど寝るだけの部屋なので誰が見るというものではありませんが、気持ちが滅入ることもあります。妻の6畳和室も自分の部屋と同じ状況なので、妻も同じ気持ちでいるものと思われます。

6番目トイレ、便器は3年前に新しいものと交換しましたが、壁クロスの色あせが目だって来ました。
最後に長男の6畳洋室、大阪以外で働いていたので部屋はほとんど使用しておらず、帰省した時に使用するぐらいなので購入時の状況をほぼ保っています。

こうして見てみると要は大々的なリフォームの時期がやって来たということに尽きると思います。年金暮らしで費用をかけるのはきついですが、一応終の住処、検討せざるを得なくなったということです。