昭和の家の良さを実感

数年前、引っ越しを機会に家を購入しました。

その際どんな家を購入しようかと家族でいろいろ考えました。土地を購入してから注文住宅を建てるのか、面倒な作業のない建売住宅を買うのか、または中古住宅を探すのか良いかと迷った末に偶然出会った昭和に建てられた中古住宅を気に入り購入することにしました。

それは築30年程の家で、地方でしかお目にかかれないような和風の木造住宅です。

間取りも広いキッチンに和室の茶の間と二間続きの大きな床の間つき和室に広縁、他にもいくつかの部屋があり、都会だったらとても贅沢な造りと言えるでしょう。

でも地方都市であることと中古であったことで、私達でも手の届く価格で手に入れられたのは幸運でした。

もちろん古い家ですので、水回りなど直さなくてはならない箇所もいくつかありましたが、新しい家とは違う良い点も多々あることに気が付きました。

まず窓が多い事。耐震的にはどうかと言われるかもしれませんが、部屋は明るく開放感があります。

また二つの客間をつなげる広縁などは現代の新しい家ではほぼな無いに等しい贅沢な空間だと思います。

ここに籐椅子を置いて庭を眺めるのは、とてもリラックスでき我が家の自慢の一つです。

もう一つ意外に忘れてはならないものはトイレの位置。

最近の家のトイレは玄関に近かったり、居間から直接トイレに行けたり、マンションの場合などは特に無駄のない間取りですのでトイレが家の中心部分にあったりすることが多いです。

でも昔の家は水洗ではなかったという理由もありますが、家の一番隅っこにトイレの場所があったものです。

人の出入りのある玄関の横や居間やキッチンの隣にあることは、広さ的に制限のある狭い家以外には 考えられないことだったと思います。

我が家の場合も玄関やキッチンや居室から離れた家の一番奥にトイレがあります。おかげで心置きなくトイレにも入れることは、案外ストレスのない暮らしに重要なことかもしれません。

現代的な効率のよい家も素敵ですが、無駄の多い昭和の和風の家はこれからも大切に守っていきたいと思っています。